『バイキング』出演後日談④本番

そしていよいよ、
本番です。

台本では、
12時31分過ぎから、
VTR放送、
でしたが、
少し早かったですかね。

正直、
本番が一番楽でした。

緊張らしいこともなく。

理由は、

やはりMCの坂上さんの力。
プラス、
出演者の方々の力量。

これに尽きます。

ディレクターさんたちもおっしゃってましたが、
坂上さんの安定感は抜群だそうです。

何か困ったような時も、
切りぬけてくれるので、
要は「楽」なんですね、
作り手側からすると。

いろんなリアクションや振りは、
本当にすごかったです。

アミさんが、
国語のやる気を上げるための方法を答えている時のツッコミや、
後藤さんに、
10才の子への声かけを振るとか、
ケンコバさんに最後、
解答を明かした上でボケを要求するあたり、

後半は、
思ったより盛り上がったためか?、
時間がおしてました。

CM中に、
ディレクターさんたちが、
3人も4人もきて、
別室の演出さんから指示されることを、
坂上さんや出演者の方々に、
伝達しているんです。

それを理解して、
実際の数10秒で、
楽しい展開にしていくには、

相当な経験やカンが必要だと、
強く感じました。

その前提には、
20時間にも及ぶ打ち合わせや収録、
台本の作り込みや、
当日のリハーサルなど、

膨大な「準備」があってのことです。

準備と経験が合わさって初めて、
面白い番組になるのですね。

いやぁ、
すごかったです。

録画した映像や、
ユーチューブもみましたが、

けっこう楽しい感じでしたよね!?

自分で言うのもなんですが。

CM入るところに、
薬丸さんから追加の質問が来て、
慌てて答えたりする場面は、
いかにも生放送っぽかったし。

ケンコバさんが、
「先生、ひとこといいますよ、
 ありがとうございますwww」
の件では、

私が、
「とんでもございません!」
と返している所を
きちんとカメラさんが見事に拾ってくれているし、

本当によくできているなぁ、
と何度も口にしてしまいます。

本番ではうまく答えてなかったですが、
「音読した方がセリフ覚えにはいい」
の解答としてよりよいのは、

「セリフを覚えるのは、
 それが仕事だから音読もできる、やる気になれる
 けれど、
 子どもにとっての勉強は、
 やってもやらなくてもいいものであり、
 仕事じゃないから、
 音読しろといってもなかなかやれるものじゃない、
 から黙読でも、
 すべて目を通している事だけで充分、
 勉強にはなる。
 やらないよりは、
 目を通してるだけでも記憶には残せる」

ですかね。

勉強と仕事は違う、
と答えるべきでした。

なんて反省も含めて、
テレビは面白いです。
生放送も面白い。

かなり頭を使って、
楽しいものをつくりあげるところは、
まさに職人技ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です