学校説明会@東京大志学園

不登校の小中学生が通う
東京大志学園にいってきました。
高校部のクラーク国際も有名ですね。
東京大志学園

フリースクール、
サポート校、
全日制、
通信制、
スクーリング、
などなど、

今まで不明だったところも、
明らかになりました!

面白かった点を以下に。

・現代の情報量は10年前の410倍
・不登校は年30日休みのある子
・不登校は約12万人
・SNEP(成人を含む無業者)は162万人
・不登校の心配点に体力低下を挙げる人24%

男女の生徒が、
自分の体験を語ってくれました。

2人とも、
まったく普通でいい子で、
かつ、
自分のつらい過去を
人前で見ず知らずに人に語れる、

すばらしい中学生でした。

こんな子たちが
「学校」という枠からはみ出した、
「ダメな子」のように扱われる日本は、
おかしな国です。

・教員志望の大学生ボランティアスタッフがいる
・クラーク国際で教える高校部の先生が授業を担当する

というあたりは、
他校にはない魅力のようです。

そこから、
・高校や大学への進学指導の充実
という利点も生まれているとのこと。

不勉強でしたが、
クラークは全国で1万人ほどの生徒を抱え、
大志学園も共に、
業界では最大手、
だそうです。

学校や塾の説明会には珍しく、
生徒もスタッフも皆、
「明るかった」
ですね。

感じよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です