MFクラウドEXPO15

4月24日に品川で開催された
MFクラウドEXPO15に参加してきました。

MFは「マネーフォワード」の意味で、
クラウド会計ソフトなどを提供する会社です。

確定申告用に
今年からMFを利用していたら、
案内がきて、
当選しました。

教育業界にいると、
世の中の動きや変化に疎くなるので、
可能な限りこういった会に
行くようにしています。

MFクラウドエキスポ15

参加したのは、
以下のテーマです。

「クラウドが実現する新しいワークスタイル」
ランサーズ、Sansan、ブイキューブ、ビズリーチ

「3年後のビジネスの当たり前」
Sansan、ブイキューブ

「クラウドで実現する士業の差別化戦略」
トリプルグッド税理士法人、サイボウズ、ChatWork

「クラウドがもたらす未来」
マネーフォワード 辻庸介

「勝ち残る企業の条件 -クラウドが迫るマインドチェンジ-」
大前研一氏

この中で気になったものを
メモ代わりにまとめます。

・ワークスタイルについての話はやはり人口減少から話が始まる
・すでに共働き家庭は6割に達しており、育児を考えると残業では賄えない状況
・年金受給開始も遅れる傾向で、60歳を超えてもあと20年以上生きることになりそう

・名刺管理のSanSanでは徳島の古民家を借りて開発部員が常駐する
・テレビ会議のブイキューブ間下社長は、
 午前に自宅で、
 午後にシンガポールのオフィスで、
 夕方は早く帰りお子さんとプールに行き、
 その後自宅で、
 という風に、時間帯により
 働く場所(自宅・オフィス、移動中の車内など)や
 使うデバイス(対面・メール・テレビ会議など)も変わる。
 アジアを中心に世界中と連絡を取るために、
 時差を考えた働き方になっている。
・クラウドソーシングのランサーズでは、
 都会の仕事を地方のフリーランスが対応している。

・海外では3年同じ会社にいると、
 転職できない人と思われる。
 >能力がないとみなされる

・30年前はアメリカも終身雇用だったが、
 製造業からサービス業へシフトするなかで、
 働き方が変わってきた経緯がある。

・どこでも働ける会社作りをしないと、
 特に欧米の企業に負ける、
 欧米の人材を取れない

・アナログからデジタルの時代を経て、
 これからはシェアの時代になる。

・クラウドは危険だという認識が日本には強いが、
 個人情報保護士という資格もあり、
 かつ銀行並みのセキュリティを構築しているため、
 むしろ個人のPCなどで管理するよりよっぽど安全
 >個人情報を規制する側の経済産業省も
  クラウドで名刺管理をしている

・どの分野もプロは限られるので、
 ウェブ会議などを使えば、
 専門家は移動などのロスなく、
 現地の様子を画面で見ながら判断できる。
 >診療・医療、事故・災害、営業や顔合せなど

・税理士や会計士の仕事である、
 記帳と申告はすでにほぼ自動化されているが、
 それを見ないふりせず、
 完全に使い倒すことで空いた時間を、
 顧客満足向上に利用している士業集団もいる。

・20世紀はヒト・モノ・カネ、
 21世紀はヒト・ヒト・ヒトの時代。
・do more, do betterの時代ではない
 >均質で、同じ方向を向く時代なら通用する考えでしかない
・スティーブジョブス、セイゲイブリン、イーロンマスク、ラリーペイジ、ジャックドーシー、
 いずれも性格悪く、秩序を壊すようなタイプ
・上司や親、先生のいうことを聞く人間は、
 その人間と同じレベルにしかなれない
・家に帰って宿題をやれなんて言わず、
 宿題なんかいいからゲームしてなさい、
 というくらいが正解

子どもが自ら
こういったことを学ぶ機会はあまりないので、
少しでも刺激していきます。

また、
親が安易な選択に偏らないよう
親にも少しずつ伝えたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です