学校説明会@大妻中野グローバルリーダーズコース[GLC]

4月24日に開催された、
大妻中野中高
の説明会に参加しました。
http://www.otsumanakano.ac.jp/otsumanakano/16404/

大妻中野は、
文科省が進める
スーパーグローバルハイスクール[SGH]事業で、
本選抜(全国56校)には漏れたものの、
準選抜[アソシエイト]54校の1つに採択されました。

同様の政策として、
スーパーグローバルユニヴァーシティ[SGU]事業
もありますが、

個人的には今後、
国内の高校・大学を受験するのであれば、
このSGHとSGUに進学すべきだと考えているので、
動向は気になっていました。

ちょうど、急に、
説明会開催のページをみかけたので、
早速参加してきました。

主に、
来年新設される、
グローバルリーダーズコース[GLC]
についての説明でした。

注目すべきもの、
気になったもの、気に入ったものを
順不同で羅列しておきます。

詳細について興味のある方は、
お問い合わせください。
本音も含めてご紹介します。

内容は今日聞いたものなので、
今後変わることもあるでしょうし、
対応された方によって、
多少表現のずれがあると思いますので、
ご了承ください。

・2040年に、
 日本の人口は9200万から9400万
>人口減少が、
 この教育制度改革最大の要因

・CEFR[ヨーロッパ言語共通参照枠]で
 B1がマスト、B2を目指す
 TOEFLで57点、
 TOEICで750点以上
>セファール、と読みます。
 今後英検でも評価が表記されます

・純日本人で、
 早稲田国際教養とアイオワ大、
 ロヨラ大合格した子もいる
>帰国生でないためすごいですね

・英語入試はスピーキングなし
 レベルはTOEFLジュニア、英検4級レベルを検討
>ライティングもありますが、
 自己紹介など、それほど込み入ったものではない

・GLC入試を2月1日午前に設定したのは、
 SGHとして、本気だということを表明するため

・GLCの進路目標は、
 海外大、国内国際系、SGU
>ここでSGUを謳っているのは、
 初めてじゃないでしょうか!?

・中1は全員が、
 ハーバード大学の学生と
 国内イングリッシュキャンプ参加

・SGU各大学や、
 大手一般企業と提携プログラムを実施

・GLCの生徒は、
 中3進級時に、他コースへ移動可能
 他コースからGLCも、可能
>学費は全コース同じ!

・現在中2・中3の生徒は、
 高1進学時にGLC移動も可能
>来年、高1に1クラスGLCを設置

・移動の際の選抜方法は、
 授業への参加度や積極性、など、
 英語力や成績以外の部分もみて総合評価
>海外の入試に近い

・GLC入試の国算の問題は、
 コア入試と同じ

・GLCの生徒は、
 帰国生と合わせて
 35名ほどのクラスをつくる
 例年、
 帰国生は20~25名で、
 教室は満員で42名なので、
 22名~17名くらいが最大定員となる

・特待生度あり

・SGH同士の勉強会もある。
 サイトはこちら。
 http://www.sghc.jp/

・モデル、ライバルとなるのは山脇学園

・5月にロンドンで開催する
 大妻4校合同帰国生説明会は、
 大妻中野が発案、主導で実施する
>初の試みだそうです!

説明会は1時間でさっと終わり、
校内見学をして、
授業中の生徒に
「面白い?」と聞いて回りました。

みな笑顔で頷いてくれました。

共学校ではないですが、
昨年の三田国際や、
開智日本橋同様、
注目を集めるに値する
「やる気」「気合い」だったと思います。

どんないいことを謳っているか、
ではなく、
それをやる意志があるのか、
で学校をみて、
お客さまに案内をしているからです。

しかも大妻中野は、
SGHアソシエイトなので、
謳うだけでなく、
毎年、文科省から進捗状況のチェックを受けます。

これが大きい。

打ち上げたからには
達成しないと
お墨付きは剥がされてしまいます。

以前からこういう方向性は
検討されていたようですが、
今回、公にしてしまったので、
やらざるを得ません!(笑)

その意気込みについつい、
大きな期待をしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

書籍

前の記事

『できる子はどっち?』