エキスパートが振り返る2015年中学入試

エキスパートが振り返る15年中受

エキスパートが振り返る15年中受2

週刊朝日4月26日号

今年の中学受験まとめ号、
といった感じですね。

渋渋、三田国際、開智日本橋は、
著書でも触れましたので、
今後も期待してみます。

東洋大京北、
人気だったんですね。

ただ実際、
この号を買ったのは、
表になっている
国公立医学科現役合格率
が知りたかったからです。

見るとわかる通り、
どんな学校にいても、
上位の10%から上にいないと、
現役で国公立医学部医学科は、
難しいのですね。

今年は唯一20%を超えた、
甲陽がダントツでした。

人数が200名弱なのに、
素晴らしい実績です。

そして注目すべきは、
愛校、北嶺、西大和あたりの
寮のある学校です。

拙著にも書きましたが、
寮の人気は上がる踏んでいますし、
実績としてもでてきていますね。

いつも速報で出る、
合格者数ではなく、
合格率、
しかも現役の数字を見ると
学校の力もみえてきます。

各校に上位に入る力があるかないか、
やれるかやれないか、
やる気があるかないかで、
中学受験自体をきちんと考えないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です