人口病に克つ⑤補足記事:学国人材専門職多く

日経9月30日朝刊

・外国人が日本で働くための資格は
 主に4つある。

1.専門職
 プロ野球選手や経営者や弁護士など
 政府は今後、
 年収や学歴が高い人材を優遇する
 ポイント制を拡大し、
 永住権習得までの年数を
 在留5年から3年に変える。
 条件は厳しい。

2.留学生
 コンビニなどで働く外国人は
 ほとんどが留学生。
 働けるのは週28時間。
 20年までに
 受け入れを倍増する計画。

3.日系人
 群馬や静岡に多い
 ブラジル人など。

4.技能実習生
 農業や建設業、製造業などで
 約15万人。
 うち中国人が7割。
 機関3年を5年に延長。
 介護・林業を追加する。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

人口減少の中で
どうしても人が必要になる
日本。

現状の外国人受け入れ数や制度では
まったく立ち行かなくなります。

最近
かなり目にすることが増えた移民政策や
それに関する治安維持や制度設計も、
早急に取り組んでおかないと
後々大変なことになりそうです。

教育を受けさせる側としては
外に意識が働き、
国としては
人口減少を外国人の力で防がざるを得ない。

10年20年後は
これまでには経験したことがない、
上司も部下も同僚も外国人という社会が
待っていると思います。

常に悲観的に、
一番ひどくなった状態を考えて、
時間とお金を使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です