理工系即戦力を養成:50大学選び集中支援

日経10月4日朝刊

・文科省は
 15年度予算で
 新たに50億円を要求。

・学部と修士の6年で
 高い職業能力を持った人材を輩出する大学
 50を選び、
 年間1億円の財政支援を
 7年続ける。

・医薬系に比べ、
 基礎研究中心の理工系の人気が
 低調なことが背景。

・福井県は、
 理工系大学院生が
 県内の製造企業で7年勤務すれば
 返還が免除される奨学金を
 設置。

・秋田大は、
 秋田県内の医療・健康機器関連の企業と
 研究開発で連携。

・埼玉大は
 理工学研究科の修士課程定員を
 18年までに200人増やす計画。

・富山大は
 16年度に
 100~200人規模の理工系学部を
 新設。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

スーパーグローバル大学(SGU)
に続いて、
スーパーサイエンス大学(SSU)
といったところでしょうか。

高校はすでに
両方決まって動いてますから、

大学も
理系により力を入れるのでしょうか。

SGUのほうが数は少ないのに
補助金の額は大きいです。

SSUにももう少し出してもいいかと思いましたが、
これまでに充分でているんですかね。

算数・数学と英語、
ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です