ママの悩み途切れぬ支援:妊娠から子育て窓口一本化

読売9月23日朝刊

現在、
検診の補助や出産一時金の支給、
乳幼児健診や予防接種など、
様々な公的支援があるが、
市町村や保健所など、
窓口がバラバラな点も、
問題視されてきた。

浦安市の話によると、
「最近は『子どもを窓から投げたくなる』
 という相談事例が増えている」
とのこと。

今回、
窓口一本化の先行事例として挙がっているのは、
フィンランド。

「助言の場」を意味する「ネウボラ」という、
相談支援拠点が地域ごとにあり、
妊産婦や子育て家庭のために、
専門の保健師が常駐し、
検診や予防接種、
育児情報の提供などを
一括して行っている。

三重県名張市では、
13年3月までの約2年間に妊婦に調査を行ったところ、
妊娠を嬉しいと思うか、
不安・とまどいと感じるか尋ねたところ、
初産か2人目の場合には、
うれしいが86.5%だったのに対し、
3人目以上では68.8%にとどまった。

同市は、
「妊婦の高齢化が進み、
 親の介護と重なるなど、
 かつては見られなかった
 不安や戸惑いがある」
という。


フィンランドとは、
税制面など大きな違いがあるため、
同じようにはいかないのかな、
というのが最初の印象ですね。

行政の対応については納得ですね。
どこにいったらいいのかわからない、
というのはよくありますね。

厚生労働省の検証では、
11年度に、
虐待で死亡した児童のうち、
4割超が0歳児で、
かつその3割は、
生まれた日に死亡しているそうです。

どこにも相談できず、
新生児を遺棄したケースが多い
とのこと。

今のままでも、
少子化や人口減少は進みますから、
こうした政策はどんどん進めるべきですが、
やはりお金と人の問題に
行きあたるのでしょうか。

私ができるのは、
教育にかかる時間とお金を減らして、
よい家庭環境をつくっていくことです。
男性ですが、
子育てや育児に悩む家庭・お母さんたちの悩みを聞いて、
少しでも気が楽になるお手伝いをしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です