面談@東京

千葉のイズヤマリゾートさん経由で、
高校生の生徒さんを紹介されました。

以前、
電話面談をしただけだったのですが、

今回は
上智大学までTEAPを受けにくる、
ということで、

帰りがけ、
東京駅で待ち合わせて
相談に乗りました。

電話の時に、
志望大学や、
現状の実力、
将来何をしたいのか、

などなどを尋ねたのですが、

塾には行かず
自分でやっているせいか、

やはり数多くの
「基礎的なこと」
が抜け落ちていました。

夏の時点で、
将来やりたいことがないのに、
大学に行って意味があるんだろうか、

と真剣に悩んでしまうほど、
真面目でほんとにいい子なんです…
>「そんなの決めてから大学行く子の方が
 圧倒的に少ないから大丈夫!!
 と伝えましたその時w

上智大学などが推進している
TEAPについても、
今回で最後にするか、
次回12月も受けてみるかどうか
迷っていました。

TEAPで基準点を超えると、
1次試験から英語の試験がなくなり、
2次試験も免除、
となるのですが、

超えずに一般試験を受けるとなると、
1次試験で英語が必要となり、
2次試験ではエッセイやリスニング、
面接なども必要となります。

今回のでき具合と、
12月までの時間と、
対策をするべきかどうか、
できるのかどうか、

その間、
他大学・学部の準備や対策はどうするか、
センター試験をどう利用するか、その対策は?

などなど…

1人で受験するというのはやはり
大変なことですね。

真剣に考えているからこそ、
真剣に悩んでもいて、

それらを1つひとつ
順番に解消しました。

通ってる学校は、
マーチレベルから上を目指す子が多く、
自身も学年でも25位くらいにいるので、

どうしても
早慶上智やマーチに目がいくのですが、

私なりの見解も踏まえつつ、
「他人の人生を生きてはダメ!」

と強く伝えておきました。

実際、いってみたら、
私が勧めた東洋大が
思っていた以上にいろいろ良かったらしく、

決して受験に乗り気でない
お母さんも気に入ってくれたそうです。

大学行くのは自分ですしね、
自分の人生ですからね、

他人の価値観に、
自分の価値観を合わせることのないように、
何度も伝えておきました。

イズヤマリゾートさんからは、
本人から連絡があり、

「紹介してくれて本当にありがとうございます!」
「すごくやる気がでてきました!」

という話があったそうです。

受験生は必要以上に
「ブレて」いきますからね。

一本ぶっとい「芯」を埋め込んであげると
あとは勝手にがんばってくれますね。

ちなみに彼女は、
面談・相談の費用を、
自分のこれまでのお小遣いで、
支払っています!

直接の指導はしていないですが、
充分乗りきれるくらいの方策を、
与えてあります。

中学受験をして、
私立中高に通い、
塾にも行きながら、
別のお小遣いも貰っているのに、

勉強もしない…

なんて
なまっちょろい都会っ子がいたら、
爪の垢を煎じてあげないとですよね…

それももったいないかなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です