東京私立男子中学校フェスタ2015:芝浦工大付属中高

続いて芝浦工大です。
芝浦工大付属中高

大学への内部進学は、
50~60%ほど

ものづくりや、ロボットセミナー、
ラジオづくり、レゴブロック、
ラジコン、プログラミング、
などなど、
理系のものづくりを強く意識した
プログラムをたくさん用意

言語(説明力)を強化
>理数の進度は早く、
 それ以外の教科はゆっくり進めている

ランゲージアワー、という授業で、
物事を30秒で説明する練習をさせている
>ドイツ国旗を説明する、
 もも太郎について説明する、
 など
>理系にありがちな
 コミュニケイション不足を解消させたい

情報の教諭が2名、
非常勤も含めると4名の
専門教員を配置

全体として、
理系の専門校として
独自色を出している印象でした

もともと興味を持ったのは、
大学がSGUに採択されている事と、
大学の学長が説明の上手な方で、
人の話にもよく耳を傾けている様子が、
あるフォーラムで垣間見えたからです。

組織は上次第、なので、
この学長がいるなら、
もっと変わる可能性があるかもしれない、
と思ったのです。

私立の理系単科大学としては、
確か唯一のSGU大学ですから、
再来年に豊洲に移ることも含めると、
人気が上がる可能性大、
ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です