自宅でハロー、ネット英会話

自宅でハローネット英会話

読売新聞4月14日

オンライン英会話に関する記事です。

社会人会員が多かったところに、
親子が増えてきているとあります。

安いですからね。

自分でやる気のある子であれば、
どんどん使い倒せるでしょう。

講師にきちんと、
内容を相談したり要求しておかないと、
ただ駄弁っている、
ということになりかねません。

安いのに3万人しか利用者がいないのは、
日本人のITリテラシーの低さでしょうか。

通学型のスクールには、
全国で100万人の会員がいると
いわれていますから、

増えてきたとはいえ、
まだまだ発展途上です。

トラブルについても記述がありますが、
突然蒸発する会社もありますので、
私は、
レアジョブか、
DMMを、
いつも勧めています。

大きくて、
ECCやアルクより、
安い、

それだけですね理由は。

安く使い倒す、
そのための準備だけは必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新聞

前の記事

私の履歴書:似鳥昭雄社長
雑誌

次の記事

塾選び習い事選び大百科