夜の歌舞伎町:苦闘の母

夜の歌舞伎町苦闘の母

読売過去記事

市役所職員から、
「出産直後だからって
 働けないんですか?」
といわれた
28才のシングルマザー。

不正受給者も多い生活保護なのに、
本当に必要としている人が
こんな言われ方をされたら
やるせないですね。

キャバクラで働いても
保育料が月10万円、
家賃も合わせたら
都会の生活は厳しい。

資格を活かして指圧師として、
「昼間に」働けるようになった母親は、
珍しい部類だそうです。

母子家庭は
全国に124万世帯。
平均年収179万円、
36.5%が貯金ゼロ。

電車や駅のホームでも、
日本は子どもに優しくない国になってしまいました。

外国人がいると愛想よく手伝うのに、
ベビーカーを担ぎあげる人は
まずいません。

ますます子どもは減って、
日本の人口が減ることは
確実ですから、
そんな時代を強く念頭に置いて
動きを決めていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新聞

前の記事

幼稚園から一体改革狙う