教育ルネサンス現場再訪4:「教員の卵」高校で養成

読売12月11日朝刊
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/
(リンク先はまだ更新されていないようです)

8年前、
全国で初めて教育コースを設けた
奈良県立平城、高田両高校では、
それぞれ1学年40人の
教員志望者が学ぶ。

・同高の2年生が
 地元の5つの小学校に分かれて行った
 3日間のインターンシップ(就業体験)について

・県内では、
 小中学校の教員の退職者数が
 年間300人以上になるのを控えている

・平城高からは6~8割、
 高田校も7~9割が
 教員養成系大学へ進学

・平城校では
 奈良教育大など7大学の連携講座など、
 週2・3時間の教育に関する授業がある

・1期生の約半数が昨春、
 大学を卒業して
 同県内の公立学校の教員になった

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

これは知らなかった件なのですが、
いいですね。

すでに高校入学段階、
つまり、
中学3年生の志望校を決定する頃から、

教員になりたいという志望を持っている生徒が
集まるわけですから、
普通科の、一般の高校と比べても、また、
教員養成系の大学に進学した後も、
よい空気・ムード・やる気を持った状態で、
高校・大学の7年間を過ごしていることになるのかな
と思いました。

やりたいこと、
できることがないから、
とりあえず教職とって…、
という学生も少なからずいる中では、
異色の生徒になるように感じます。

1期生の中には、
鍼灸マッサージ師として
総合病院で働く卒業生も紹介されていますが、
実際に教員とならなくても、
早くから自身の向き不向きやキャリアについて、
自然と考えることになる環境は
いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です