小中一貫校:2類型で制度化へ

日本教育新聞11月17日
https://kodoku.kyoiku-press.co.jp/archives/2053(中部あたり)

中央教育審議会(中教審)が、
2つのタイプの
小中一貫校の制度化を求める
報告案をまとめた。

早ければ
16年から
制度化したい考え。

2つのタイプとは、
新しい学校の種類として、
小・中を1つとして扱う
「小中一貫教育学校」と、

これまでの小中を
継続した教育課程でつなげる
「小中一貫型小学校・中学校」。

利点は、
中学校への進学に対する不安解消、
中1ギャップの緩和、
教職員同士の協力による指導意識の向上、

課題は、
学校行事などにおける教職員の負担感増加、
小中教職員間の打ち合わせ時間増加、
子どもの人間関係の固定化、
最高学年でなくなる小学校高学年のリーダー性育成、
私立中学などの受験による転出、
学校選択制による一般の小学校からの中学校転入、

などが挙げられている。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

記事によると、
小中一貫校は
全国に1130校もあるそうです。

一定の成果があるということで、
制度化されるのでしょうね。

以前取り上げた記事にもあるように、
少子化で生徒が減って
統廃合のついでに一貫校化するのか、
より教育のレベルや質を上げるために
統合していくのか、

地域によって
同じ一貫校でも効果・成果のポイントは
異なりそうですね。

5才から小学生になるかもしれないほど、
いま、学制改革の議論は
盛んになってます。

高校生までを
6・3・3でなく、4・4・4とか、5・4・3にするとか、
発達に合わせて変えていこう
という話ですね。

一貫校も
6・3・3制は変わりませんが、
小中の9年間の過ごし方は
かなり変わることになりますね。

不登校や発達障害も増えていますから、
今までの「学校」というものだけでなく、
いろいろなタイプの学校が登場してくる時期が
来ているのかもしれません。

ますます教職員の数や
質を確保しないといけなくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です