有名400社の就職に強い大学ベスト30

夕刊フジ11月1日

有名400社は大学通信が、
日経平均株価指数の採用銘柄に加え、
会社規模や知名度、
大学生の人気企業ランキング
などを参考に選定。

卒業生数から
大学院進学者を引いた数で割り
順位付け。

400社就職率(%)
トップ10

 1位 55.9 東工大
 2位 55.6 一橋
 3位 43.9 慶應
 4位 43.6 豊田工大
 5位 38.9 国際教養大
 6位 32.9 早稲田
 7位 32.2 九州工大
 8位 32.2 東京理科大
 9位 32.1 阪大
10位 31.1 京大

女子大が健闘

16位 27.9 東京女子大
18位 27.4 学習院女子
20位 26.6 津田塾
26位 26.0 聖心
29位 24.4 日本女子

東大はこのあたり、
マーチからは立教のみ

19位 26.8 東大
25位 26.0 立教

地方で、
あまり有名ではない大学も

28位 24.7 筑波技術大
30位 24.3 豊橋技術科学大

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

駅を歩いててみつけた広告が
夕刊フジでした。
変わったランキングだと思って
買いました。

民間企業、いわゆる、銀行とか、
建築、食品、商社、広告、
といった会社が有名400社として
取り上げられていること、
そこを頭に入れて冷静に判断します。

ちなみにその400社のリストは
載っていませんでした。

東大が低いのは
官僚や起業・ヴェンチャーが
多い・増えているからかなと。

日経平均なので、
日本で上場してない外資系なら
外れるのでしょう。

マーチから立教のみ
っていうのは面白い。

こんなところで
他大学の力量が透けて見えるのですね。

唯一写真で記事がでていたのが
国際教養大。

女子大は
金融に強いそうです。

豊田工大は
トヨタの関連会社が強いですね。

筑波や豊橋のように、
地方の理系単科大は、
スーパーグローバル大学でも注目されてましたが、
実際就職の数値としても
結果があるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です