伊勢丹新宿本店で未就学児向け教室

日経10月23日朝刊

三越伊勢丹ホールディングスは、
本館に隣接する
伊勢丹会館を改装し、
未就学児向けの教室を
設ける。

ベビー子供服の
売り場を訪れる顧客を対象に、
デジタル技術に触れるなど
独自の講座を開き、
定期的に受講してもらいながら、
来店機会を増やす狙い。

対象は
3才から6才児、
週1回3ヶ月で10回程度通う。

メディア、美術、体づくりなどをテーマに
60~70クラス設け、
年4回繰り返す。

1クラス10人ほどで、
料金は
5万円程度を想定。

お受験向けの学習塾
とは異なる位置付けで、
創造性や独創性などを育む
情操教育に重きを置く。

専門知識を持つ
外部の教育運営事業者などと連携し、
スタート時に
外部講師を招き
指導してもらう。

初年度に
約3000人の受講を見込む。

当面は
新宿本店でのサービス提供だが、
軌道に乗れば
他店舗への拡大も
検討している。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

異業種からの参入であること。
お受験とは趣向を変えること。

面白い記事ですね。

ほぼ全文引用しました。

料金は
3ヶ月で5万なんですかね。

そもそも広すぎる
百貨店の一部を改装して、
お客さまが集まる場所を設ける
視点がいいです。

祖父母含めた
子ども向け商品の購買を促す。

もしここに、
大学入試制度改革など
戦後最大の変化が訪れることを見通して、

筆記試験に代わって、
お受験に代わって求められる、
人格形成・人間力、
情操教育・体験教育、
コミュニケーション能力・喜怒哀楽表現、
などを育む狙いが
根底にあったとしたら、

伊勢丹すごいですね。

買い物は伊勢丹で、
と勧めたくなります。

教育が本業でない会社が
もしそこまで見据えて、
本業にも教育にも日本にも
役立つことを考えていたら、
恐ろしい会社です。

たぶん、
違うんでしょうけど。

このところ、
新鮮味のある記事が少なかったのですが、
久々に楽しい、興味深い、
考えさせられる記事をみつけました。

いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です