定例会議@たまみずき

私が顧問を務める、
たまみずきの櫻井代表と、
打ち合わせてきました。
→たまみずきサイト

10月1日に、
朝霞の事業所が開所されました。

ここでは、
これまでメインだった、
中度・重度の障害ではなく、

軽度、グレーゾーンと呼ばれる子たちが、
主な利用者になります。

ここで、
いわゆる健常者も一緒に通所できる、

「塾」の機能を持たせることが、
私のミッションとなります。

最近は、
塾や教育関連事業者が、

こうした、
「放課後等デイサービス」
に進出することが多くなっています。

「流行り」

です、正直なところ。

その理由は、

「とりっぱぐれがない」

ことです。

つまり、

生徒を1日何人預かったかで、
行政・自治体から、

いくらいくらのお金をもらえる、

そこが収入源だからです。

月謝や利用料の、
未納とか滞納ということは、

ないのですね。

しかも、

首都圏だけでみても、

発達障害者や自閉症、アスペルガーなど、

増えているのが実態なので、

受け入れてくれるところが
足りていない、

という現状がありますから、

新しい「産業」「ビジネス」として、

塾・教育関連、
不動産業者が、

こぞって参入している背景が、
あります。

私はこの辺りの動きに、
大きな疑問を持っています。

塾でも、
最近ブラック企業として、

組合と揉めている企業がありますが、

教育を金儲けとして考えているところと、
親子や日本の将来のためだと考えているところと、

まったくその動き、対応、
サービスの質は異なります。

私は1:2や1:3で
「個別指導」と謳っている塾が嫌いなのですが、

その理由は、

金儲けだからです。

ラーメン屋をやるか、
コンビニをやるか、
24時間フィットネスをやるか、

とまったく同じように、

フランチャイズ化して、
看板をかかげて、

地域の生徒を数十名集めれば儲かる、

システムになっているからです。

親子が満足するようなモデルには、
なっていません。

詳細は拙著に書きました。

現に最近はそうした
「個別指導」離れが、

目立ってきています。

個別ならなんとかなる!
という期待や想いを、

裏切り続けているのが、
ニセ「個別指導」です。

本当に親子のために頑張る
室長や、

本当に親子のために頑張る
フランチャイズ企業も

あります。

でも本の一握りです。

大抵のオーナーは、
フェイスブックなどのSNSをみると、

ゴルフをしていたり、
外国産車が並んだガレージだったり、
どこぞの別荘だったり、

そういった写真が並んでいます。

ビジネスの才はあるのでしょうし、
それだけの生徒を集めているのでしょうから、

問題はありませんが、

私は嫌いです。

たまみずきの櫻井さんは、
たまきちゃんとみずきちゃんという、

双子の姉妹が重度の障害者です。
知的障害もあります。
手厚い介護が必要な子たちです。

その2人を、
預かってくれたり面倒をみてくれたり、

という場所がなかったために、

自らデイサービスを始めた、

という経営者です。

塾屋でも、
ラーメン屋でも、
コンビニ屋でも、
その土地を代々受け継いでる
不動産屋でも、

ありません。

「想い」があるんです。

私は自分の人生を生きてますし、
他人の人生を生きないと決めてますから、

他の事業者が
どんな出自で、
どんな団体で、
どんな理念でやってるか、

正直どうでもいいのですが、

単なる金もうけで目をつけて、
ふらふらと参入してきている団体が
あったとしたら…
そうだとわかったら…

どうしてくれましょうかねw

たまみずきとの連携で、
「普通の」学校ではない、

オルタナティブと呼ばれる、
学校や施設の一翼を担い、

そこから中学、高校、大学、
ひいては社会人・就職へと

つながるルートづくりに、
動きます。

ご協力いただける方は、
ぜひお話させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です