ニトリHD社長似鳥昭雄氏登壇@日経MJプレミアムゼミナール

日経MJ主催のゼミに、
『私の履歴書』で話題となった、
ニトリHDの似鳥昭雄社長が、
登壇しました。
https://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=1294

もっとぶっちゃけてもらいたかったのが、
正直な感想ですねwww

『履歴書』も、
かなりかなり、
削って削っての、
記事だったそうで。。。

全部載せたら
大変なことになったのかなwww

共感できる部分がたくさんありました。
かつ、
やはり楽しく生きている人の話は楽しい!

以下は話を聞きながら残したメモ、
です。

HDの物流部門だけで2500名ほどいる

カーテンのみを扱う部署・子会社?があるほど
力を入れている

商品開発から販売まで、
すべてを自社でやっている
大変だが、
いったん軌道に乗ると
楽になる
大変な業務ほど、
社内で抱える
楽なこと、誰にでもできることは、
外注する
>ニトリカードの情報入力など

社員教育が社の肝

売上や利益ではなく、
店舗数と客数を伸ばすことだけ考えている
>お客さんの数が一定まで減ったら閉店する

うまくいかないのは、
方法が悪い

改善は表面的、
改革は根本的
>改善は現場が、
 改革は経営者がやる

提案は1つではなく、
必ず3つ以上で行う

できないことはすぐに人の真似をする吸収する
カンニングだらけの人生だったから、
できることはなんでもやる、
すぐに取り組む、
おかげで人にも恵まれた

リスクを常にとる
とらないと何もうまくいかない

失敗を恐れずに、
常にゼロベースで考える
>今の社長にも、
 すべて君が否定して考え直すように、
 と指導している

変化がチャンス
>ピンチの顔してチャンスがくる

できそうもないことに挑戦する
>それをどうすればできるか考えるのがプロ

常に明るいこと
>暗い人には暗い人しか寄り付かない

景気が悪くなるのをある意味期待している
>景気が悪いときには、
 普段の半値で土地が買える、金利も安い
 という発想でリスク管理をしている

攻撃こそ最大の防御
>守りに入ると人はどんどん老ける
>定年なんていってないで死ぬまで働く

30代よりも40代が、
40代よりも50代が、
50代よりも60代が、
面白い人生だった。
今は70代だが、
もちろん、今が一番楽しい。
80、90、100まで生きたら、
どれだけ楽しくなってしまうのだろうと
ワクワクしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です